「Windows 10」の記事一覧

Windowsでブルースクリーンになったときのメモリダンプを止める方法

画像:billionwallet.com Windowsがシステムの致命的なエラーを検出して落ちるといわゆるブルースクリーンを表示してリセットがかかります。このとき標準設定ではトラブル調査の情報収集のために、エラーが発生・・・

Windows 10のクイックアクセスツールバーの使い方とカスタマイズ方法

Windows 10のファイルを扱う方のエクスプローラー、こちらのタイトルバーの左端にいくつか小さなアイコンがあります。こちら、どれもきちんと機能を割り当てたボタンになっていて「クイックアクセスツールバー」という名前が付・・・

Windows 10で名前のないフォルダ、「.」で始まる名前のフォルダを作る方法

Windowsでファイルを扱うほうのエクスプローラーには一般にはあまり知られていないちょっと面白くて便利な使い方が準備されています、というよりは隠されています、と言った方がいいかもしれませんね。 そういう意味ではTIPS・・・

Windows 10付箋アプリ大幅リニューアル。クラウド同期も可能なバージョン3登場!

Windowsに標準搭載されているアプリの付箋、とてもシンプルな機能のソフトですが、それゆえ応用できる範囲が広くいろいろなシーンで活用できます。 実際にリアルな付箋紙を使っているような感覚でちょっとしたメモをデスクトップ・・・

Windows 10でブルースクリーン後に自動再起動を行わせない設定方法

Windows系では何らかの致命的なOSのエラーが発生したときには、青バックで文字だけのスクリーンに切り替わってエラー情報などが表示され、その後再起動が行われます。 この青い画面から「Windowsがダウンする=ブルース・・・

Windows 10でWi-Fiアクセスポイントのパスワードを接続済みPCから確認するには

新たにWi-Fiに接続する機器が増えて接続設定を行う際に必ず必要になるのが、Wi-Fiアクセスポイント、Wi-Fiルーターとの接続用のパスワードです。 ですがこのパスワード、暗記していてそらで入力出来る人はまずいないと思・・・

Windows 10が集めている各種診断情報を確認するには

Windows 10の2018年春の大規模アプデートApril Update 2018では、Windows 10が収集しているさまざまな診断情報の中身を確認する仕組みが実装されました。 恐らくXML形式で記載されていてW・・・

Windows 10でLinuxを使う!正式機能になったWSLの導入方法

今のWindows 10では、仮想マシンなども作ることなく「Windows 10の中で」Linuxそのものを動かすことが出来るようになっています。 以前少し流行ったコマンドプロンプトからLinux風のコマンドがいくつか使・・・

近くのPCと簡単データ交換。近距離共有の使い方

Windows 10のApril Update 2018では、Wi-FiやBluetooh機能を搭載したパソコン同士で簡単にデータ交換が行える「近距離共有」の機能が搭載されました。 設定を行うことで非常に簡単にデータの交・・・

Windows 10 標準機能でランサムウェア対策。コントロールされたフォルダーアクセス機能

ウィルスやマルウェアの中でも一般ユーザーが大きなダメージを受けやすいのが大事なデータなどを暗号化してしまうランサムウェアです。 ランサムウェアは暗号化したユーザーデータを人質にして「身代金」を要求するという非常に質の悪い・・・

このページの先頭へ