ひと味違う3万円級。ツクモの14.1型ノートTSNB14UP1BK/WH

  • LINEで送る

ATOMコアのCPUが世に出て以降、3万円程度の低価格でそこそこの実用性を持ったノートPC、タブレットPCが多数世に出てきました。

低価格でそこそこの使い勝手があるので、使い方を分ったユーザーが利用するととても高い実用性を発揮できるクラスの製品達です。

その市場にツクモも参戦したのですが、eX.copmputerブランドで投入されたTSNB14UP1BK/WHには他社製品とはひと味違う特徴が備わっています。

Celeron U搭載!

TSNB14UP1BK/WH最大の特徴は3万円程度の低価格を実現しながら、現行世代のCoreプロセッサと同等のCPUコアを使っているCeleron 3867Uを搭載しているところです。

ハイパースレッディング、ターボブーストは無効化されていますが、ATOMコアのCPUとはマイクロアーキテクチャの違いによりクロックあたりの性能が数ランク異なります。かなり良い使い勝手が実現できるはずです。

デュアルコアで動作クロックは1.8GHzになっています。

メインメモリは4GBのLPDDR3-15000のものを4GB搭載。ストレージは恐らくSATA3接続のM.2タイプSSDを64GB搭載しています。

残念ながらメモリはシングルチャンネル構成で増設も出来ませんが、容量的にはある程度の余裕があります。ストレージもATOMコアのCPUとは異なりSATA3接続の分、性能も高く、容量もWindows 10の大規模アップデートに対応しやすい容量となっています。

インタフェースも十分

低価格機種ながらTSNB14UP1BK/WHは外部インタフェースも十分です。

Type-A形状のUSB3.0ポートを2つ、Type-C形状でUSB PD入力に対応しているUSB3.1のポートをひとつ持っています。

また外部映像出力としてminiHDMIポートも備えています。

Bluetoothはバージョン4.2対応。無線LANはWi-Fi 5対応となります。

モバイル利用も可能なスペック

TSNB14UP1BK/WHはモバイル用途でも利用可能なサイズ・重量にまとめられています。

特に狭額縁タイプの本体ではなく14.1型液晶搭載機ですのでフットプリントは小さくはありませんが、厚みは21.8mmとそこそこ薄く重量も1.5kgに抑えられています。

無理をせず無難にまとめた印象ですね。

バッテリー駆動時間も最大7.5時間あり、モバイルノートパソコンとしても十分に使える内容になっています。

スペックに余裕があるわけではありませんので工夫は必要ですが、使い方次第では十分にメインマシンも張れそうな一台です。

⇒ TUKUMO 14.1型ノート PC TSNB14UP1BK/WH

スポンサードリンク

  • LINEで送る

このページの先頭へ