Windows 10の標準メールアプリにGmailアカウントを追加する方法

Window 10にはOS標準で新しいメールアプリが搭載されるようになりました。

このメールアプリではOutlook.comやHotmailなどのマイクロソフト系のメールアカウントほか、Gmailやプロバイダのメールアカウントを追加し使用することが出来ます。

ここでは、Window 10標準のメールアプリにGmailアカウントを追加する方法を紹介します。

Gmailアカウントの設定方法

まずはメールアプリを起動し、左下のギアのマークから「設定画面」を呼び出します。

Mail01

設定の一覧の中から「アカウント」をクリックします。

Mail02

設定の内容がメールアカウント設定のものに変わりますので、「アカウントの追加」をクリックします。

Mail03

メールアカウントの種類を選択するサブウィンドウが開くので「Google」をクリックします。

Mail04

Googleのサービスに接続するためのIDを入力するサブウィンドウが開くので、Gmailのメールアドレスを入力して「次へ」をクリックします。

Mail08

メールアドレスが正しいものかを確認後、そのアカウントのパスワード入力を要求するサブウィンドウに切り替わります。
先ほど入力したメールアドレスに対応するパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

Mail09

メールアドレスとパスワードが正しければ次の画面が表示されて、メールアプリがGoogle側の以下の情報を使って良いかの確認画面になります。
問題がなければ「承認する」をクリック。

Mail10

これでGmailのアカウントの登録完了です。「完了をクリック」。

Mail12

メールアプリのアカウントの一覧にGmailの情報が表示されるようになり、使用可能になります。

Mail13

スポンサードリンク

このページの先頭へ