Windows 10のバックアップ設定方法

バックアップは、万が一のハードディスクなどのトラブルや操作ミスで、重要なファイルが失われてしまったときの対処として、とても重要な機能です。

Windows 10では、設定画面から従来のWindowsとは少し違う手順で手動や自動のバックアップの設定を行うことができます。

ここではWindows 10でのバックアップの設定方法を紹介します。

設定画面からのバックアップ設定方法

バックアップの設定は設定画面の「更新とセキュリティ」の中の「バックアップ」の項目から設定を行います。
まずはスタートメニューの設定から「更新とセキュリティ」、「バックアップ」とクリックし下記画面を表示させましょう。

Backup01

バックアップ先のドライブの設定

バックアップは、バックアップとして保存したいファイルのあるディスクとは別のディスクを使用するのが基本中の基本です。

そうしなければ、一つのハードディスクが壊れただけで、ファイル本体もバックアップもいっぺんに失うことになってしまい、バックアップの意味がなくなってしまいます。

Windows 10でバックアップの設定を行う場合には、まず、バックアップ先のドライブの設定から行います。

「ドライブの追加」の横の「+」のボタンをクリックすると、Windows 10が認識しているバックアップ先として使えるドライブが表示されますので、バックアップ先に利用するドライブをクリックして選択します。

Backup02

バックアップ先のドライブを追加すると、自動実行がONになりそのまま自動バックアップが行われる設定になります。

Backup03

なお、Windows 10のバックアップでは、最初から重要と思われるフォルダがいくつかバックアップ対象として指定済みになっていますので、「その他のオプション」をクリックして一度確認してみましょう。

Backup11
Backup12

バックアップ対象のフォルダを追加/削除

バックアップ対象のフォルダだけではバックアップの対象が足りなかったり、多すぎたりする場合には、この「バックアップオプション」からフォルダの追加/削除を行うことができます。

また、「バックアップオプション」ではバックアップ対象となるフォルダの変更のほかに、バックアップの間隔、バックアップの保存期間を指定できます。

Backup04

バックアップ対象とするフォルダが既存のものでは足りない場合には、「バックアップ対象のフォルダー」の「フォルダーの追加」の横にある「+」のボタンをクリックします。

するとフォルダの選択を行うウィンドウが開きますので、ここでバックアップしたいフォルダを選択します。

Backup07

バックアップ対象から除外するフォルダがある場合には、「除外するフォルダー」の下にある「フォルダーの追加」横の「+」ボタンをクリックします。

するとやはりフォルダを指定するウィンドウが開きますので、バックアップの対象外にするフォルダをここで選びます。

Backup08

バックアップの中止

バックアップを中止する場合には、「別のドライブにバックアップ」の下にある「ドライブの使用を停止」のボタンをクリックして、バックアップ先として選んだドライブを対象から外すことで、自動的に停止します。

Backup09

手動バックアップ

手動でバックアップを行うには、バックアップオプションの画面の一番上にある「今すぐバックアップ」のボタンをクリックします。

Backup10

スポンサードリンク

このページの先頭へ