マウスコンピューターからRyzen Mobile搭載の15型スリムノート「mouse X5-B」登場

  • LINEで送る

2019年のパソコン界隈の大きなトピックの一つは久しぶりのAMD製CPU、Ryzenシリーズの大躍進ですが、自作機向けCPUから始まったその流れはメーカー製PCなどにも波及しています。

そのAMD製CPUを搭載したノートPCがマウスブランドからも登場しています。15.6型画面を採用したmouse X5-Bです。

このマシンは単にRyzenシリーズを搭載しただけではなく、15型と比較的大きな画面を搭載しながらモバイル用途も十分カバー可能な薄さ、軽さを実現しているところも特徴です。

スペック

まずはmouse X5-Bのスペックを確認します。

まずCPUですが、上記の通りAMD製のCPU、第2世代のRyzen Mobileを採用しています。モデルナンバーはRyzen 5 3500U。4コア8スレッド対応のCPUで動作クロックは定格2.1GHz、最大3.7GHz動作を可能にしています。

統合されるGPUは8GPUコアを統合したもので、512SP相当の演算回路を持ちます。

メインメモリは8GB、ストレージはSATA3接続ですが256GBのSSDを搭載していて、一般的な使い途を十分にカバーできる容量を確保しています。

ディスプレイは15.6型のフルHD、ノングレアタイプです。

インタフェースにはUSB3.0を3つ、USB2.0を一つ持っており、大きめのフットプリントを有効活用していますね。USB3.0のポートのうち一つはType-C形状です。

無線LANはWi-Fi 5までの対応となりますが、ギガビット対応の有線LANポートも備えていてビジネスユーザーなどのニーズに応える作りです。

無線LANはWi-Fi 5、IEEE802.11acまでの対応で最新のWi-Fi 6が使えませんが、通信帯域に160MHzを使用できる無線LANアダプタが採用されており、2ストリームながら最大1.7Gbpsでのリンクアップが可能になっています。

モバイル用途も

mouse X5-Bは15.6型と大きめの画面を備えるマシンですが、筐体にマグネシウム合金を採用するなどして薄く軽い本体が実現されてます。

サイズは356mm x 233mm x 17.9mmとなっていて、さすがにフットプリントは大きいものの18mmを切る薄さが実現されています。加えて重量が約1.4kgに抑えられているため、モバイル用途も十分視野に入るボリュームではないかと思います。

さらにX5-Bは大容量のバッテリーを内蔵しており、バッテリー駆動時間が非常長いのも特徴となっています。公称約15.4時間のバッテリーオペレーションが可能とされています。

こちらもモバイル環境で使うにはとても有効に働くことでしょう。

マウスコンピュータはモバイル系のノートパソコンでは重量面であまり踏み込んだ製品がなかった印象があったのですが、この製品はかなり思い切ったスペックを実現してきました。

mouse X5-Bはモバイルノートパソコンに強い大手メーカーに迫るモビリティを実現した実現した製品と言えるでしょう。

奇しくも同時期の発売となったDELLの新Inspironとよく似たスペックで、Ryzen 5 3500U搭載はこのクラスのノートPCの今後の一つのトレンドになりそうです。

⇒ マウスコンピューター公式サイト

スポンサードリンク

  • LINEで送る

このページの先頭へ