Windows 10プレビュー版、ビルド10547公開。スタートメニューなどを改善

米マイクロソフトは現地時間9月18日、Windows 10のインサイダープレビュー版のビルド10547の配布を開始しました。
従来同様に、プレビュー版のダウンロードポリシーに「高速」を選択しているインサイダーには、すでにWindows Updateを通じてアップデータが配信開始されています。

150926_01
(画像:窓の杜)

スタートメニュー/画面の改善

ビルド番号10547の改善点の1つは、スタートメニュー/画面の修正です。

従来、タイルの部分には、1つの段組のなかに中サイズのタイルを3つまで並べることが出来ましたが、今度は設定を変えることで最高4つまで中サイズのタイルを横に並べることが出来ます。
横長、大サイズのタイルでも2つ横に並べることが出来るようになります。

150926_02
(画像:窓の杜)

画面の解像度の高い環境ではよりたくさんのタイルを表示可能になり、使い勝手の改善につながりそうです。

また、従来512個までの表示だったタイルは、最大2,048個までに拡張されました。

標準アプリの機能強化も

フォトアプリの画像表示用のビューに「フォルダビュー」が追加され、登録したフォルダの中の画像を一覧的にチェックすることが可能になりました。

また、メールアプリ、カレンダーアプリでは、個人用設定画面から、アプリの背景画像を好みの画像に変更することが可能になりました。

カレンダーアプリでは、数日先までの気象情報を取得して、簡単な天気予報をカレンダー上に表示することも可能になっています。

EdgeにはWeb標準の新機能

Windows 10の標準ブラウザであるEdgeには、「ORTC API」という機能がテスト的に組み込まれました。

この機能は、ブラウザのみでリアルタイムのビデオ通話・音声通話を実現するための、Web標準技術です。
この機能が実用化できれば、Skypeの通話機能をブラウザのみで利用することが出来るようになります。(現在はプラグインが必要)

また、「VP9」コーデックの利用も可能になりました。

タブレットモードの操作性改善

タブレットモードで画面分割して2つのアプリを表示している場合に、スワイプ操作で2つのアプリの表示位置を入れ替えられる、といった操作が可能になっています。

Windows 10正式版リリース前後は、一時、配信が停止していたプレビュー版ですが、また着実に新機能の開発、実装、配信とテストが再開され、新しいWindows 10に向けて着実に動き出したようです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ