Windows 10向けDVD再生機能が追加リリース。ただし基本は有償

Windows 10本体にはDVDの再生機能が搭載されていません。
また、Windows 7や8.1などに提供されていたWindows Media Centerは、DVDの再生機能も併せ持っていましたが、Windows 10にアップグレードする際に削除されてしまいます。
このためWindows 10でDVDを視聴するためには、サードパーティー製のDVD再生ソフトなどをインストールする必要がありました。

マイクロソフトでは代替ソフトとして、Windows DVDプレイヤーをWindows Storeで8月7日前後から公開開始しました。

150811_01

通常は有償。だが

このDVD再生アプリは通常は有償です。
Windows Storeで1500円で購入することになります。

ですが、Windows 7のHome Premiumエディションなど、元々、Windows Media CenterのインストールされていたパソコンをWindows 10にアップグレードした場合には、Windows Updateの中に含まれる形で、無償で提供されることになっています。
(実際に筆者のWindows 10 PCにもいつの間にか配信されていました)

ただし期間限定

ただし、Windows DVD Playerが無償配布されのは期間限定とされています。
また、その期間がいつまでかは、マイクロソフトの方では今のところ明らかにしていません。

DVD再生機能が必要な方は、少なくとも、Windows 10への無償アップグレード期間ギリギリでのアップグレードは避けた方が無難でしょう。

機能的には極めてシンプル

Windows DVDプレイヤーの機能は画面の見た目通りに極めてシンプルなものしか備わっていません。
Windows Media Centerの代替機能ではないことには注意が必要です。

Windows Media Centerのような多機能な環境をお求めの方を満足させるような機能が、今後Windows 10にもリリースされるかどうかは、まだ未知数です。

また、Windows DVDプレイヤーはブルーレイディスクの再生機能も備えていないため、こちらにも注意が必要かもしれません。

ただ、ブルーレイディスクの再生のために必要なライセンスは恐らくかなり高額だと思われますので、もしマイクロソフトからWindows Store経由でブルーレイディスクにも対応するプレイヤーソフトが提供されるようになるとしても、もっと高価なプライスタグが付けられることになると思われます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ