Windows 10、次の大規模アップデートは「May 2019 Update」に

  • LINEで送る


画像:窓の杜

Windows 10の2019年春の大規模アップデートの呼称は「Windows 10 May 2019 Update」に正式に決定した模様です。前回のアップデートから導入されたちょっと味気ないかもしれないネーミングルールが継承されることになりました。

バージョン番号は1903なので、これまでのリリーススケジュールからすると2019年4月中のリリースが予想されていました。ですが、前回リリースで発生した発生率は低いけれど致命度の高いバグを受けて、十分な品質の確保のためにリリースプレビュー版での評価時間をたっぷりと取ることにしたようです。

このリリーススケジュールは今後も継続される可能性があると思われます。

リリースは5月末から段階的に

May 2019 Updateのリリースは5月末が予定されています。

リリースプレビュー版は既に用意されていてInsider Program参加者はダウンロードとインストールが可能な状態になっていますから、実際のリリースまでに2ヶ月近い熟成期間を取る形になります。

5月末に正式にリリースが行なわれた後も段階的なロールアウトのカタチを取ります。

手動でWindows Updateのチェックを行なったユーザーなどの、いわゆるアーリーアダプタと呼ばれるユーザーから順次配信されていきます。

October 2018 Updateでは一部のハードウェアなどとの互換性の問題から、全ユーザーが新アップデートの更新対象になるまでに随分と時間がかかりましたが、次のアップデートではそういったトラブルがないことを祈りたいところです。

新機能

May 2019 Updateにも多くの新機能が含まれていますが大きな目玉といえる機能はだんだんと少なくなってきて、こまめに各所の使い勝手の改善に手が回り始めた印象があります。

その中でも目玉と言えそうな機能は、アプリが安全かどうかを確認できる本体のOSとは切り離された隔離環境「Windows Sandbox」でしょうか。セキュリティ確保のためにこれからは必須の機能になっていくかもしれません。

開発環境としてのWindows 10の充実のためにWSLとそれを取り巻く環境の整備も進んでいます。

スタートメニューや各種標準アプリの改善も多数行なわれています。

インサイダーはリリースプレビュー版のテストが可能

Windows 10のインサイダープログラムに参加しているユーザーは、既にリリースプレビュー版の利用が可能です。

設定アプリのWindows Insider Programの項目でインストールするプレビュー版のバージョンとして「Release Preview」リングを選択すれば、一足先にMay 2019 Updateに触れられます。

ここまで来るとほとんどの場合、影響の大きなバグはほぼ取り除かれ動作はほとんど安定していますので、かなり安定的に作業環境としても利用可能になっているはずです。

スポンサードリンク

  • LINEで送る

このページの先頭へ