Windows 10でWindowsフォト ビューアーを使う、専用アプリで簡単に復活させる方法

  • LINEで送る

Windows 10では画像表示用に新しいアプリ「フォト」が使われるようになりました。最新のフォトアプリでは簡単な編集も出来るようになるなど、かなり高機能なアプリに生まれ変わっています。

ですが単に画像表示だけであれば、従来のWindows フォト ビューアーの使い勝手に慣れていてそちらの方が使いやすい、というユーザーも多いことでしょう。

実はWindows 10にも従来のフォト ビュアーは収録されています。この記事ではWindows フォト ビューアーをWindows 10でも利用できるようにする方法を説明します。

レジストリを修正して使用できるようにしたい場合は下記を参照ください。
⇒ レジストリを修正してWindowsフォト ビューアーを使う方法

専用のアプリを使う

本来はWindows フォト ビューアーを取り戻す設定を行うには、レジストリエディタでかなり細かな設定を行う必要があります。

レジストリの修正を行なう方法はリスクも高いため、誰にでもお勧めできる方法ではありません。

そんなところにWindows フォト ビューアーを復活させるための、ほぼそれ専用となるアプリを開発してくれた人がいます。この記事ではボタン一発でWindows フォト ビューアーを復活させられるこちらの方法を紹介します。

「Restore Windows Photo Viewer」をインストール

まずは下記より無償のツール「Restore Windows Photo Viewer」をダウンロードしてインストールします。

Restore Windows Photo Viewer

ダウンロードしたインストールプログラムを実行します。

あとはインストーラーに従って、インストールを進めます。

インストール先を変更する場合にはこちらから設定します。

スタートメニューに作るショートカットの名前を指定します。

デスクトップ画面にRestore Windows Photo Viewerのショートカットを設置する場合には、チェックを入れます。規定値はショートカットを作るチェックが入っています。

あとはインストール内容を確認して「Install」ボタンをクリックすればOKです。

インストールが完了すると次の画面になって、Restore Windows Photo Viewerを即起動できるチェックが入った状態になります。

通常はRestore Windows Photo Viewerは一度起動すればいいだけですので、ここで設定を行ってしまった方が良いでしょう。

Restore Windows Photo Viewerが起動するとこのような画面が開きます。

あとはこの画面で「Restore Windows Photo View」のボタンをクリックすればOKです。

規定のプログラムを変更する

「Restore Windows Photo View」ボタンをクリックすると、そのあと設定アプリが起動します。

画像を開くアプリとしてWindows 10が認識しているアプリのリストのメニューが表示されますので、その中から「Windows フォト ビューアー」を選択すると、それ以降画像を開く際にはWindows フォト ビューアーが使われるようになります

このように懐かしのWindows フォト ビューアーが戻ってきます。

既定のアプリがフォトアプリのままでも、右クリックメニューの「プログラムから開く」->「別のプログラムを選択」のメニューからWindows フォト ビューワーを選択することも可能になります。

スポンサードリンク

  • LINEで送る

このページの先頭へ