「Radeon 設定」アプリがUWP版化!Microsoft Storeに登場

  • LINEで送る

AMDの外部GPUのRadeonシリーズ、その動作の詳細設定を行うツールが「Radeon 設定」と名付けられているソフトです。

AMDからビデオカードのドライバを取ってくるときに、このツールと一緒になったパッケージをダウンロードしてインストールしているユーザーも多いことでしょう。Radeon独自機能のFluid Motionなどを利用する時や、GPUの細かな設定を行なうには必須のツールです。

このRadeon 設定アプリがストアアプリ化されました。Microsoft Storeからのインストールが可能になっています。

ストアアプリのメリット

ストアアプリ化されたことの最大のメリットは、ユーザーがアプリを最新にキープすることを意識する必要がほぼなくなることです。Windows 10側が基本自動で最新版にアップデートし続けてくれます。

ビデオカードのドライバもそうですが、この手のシステムに近いアプリも機能面を考えると出来るだけ新しいバージョンを利用したいところですし、セキュリティリスクの面でもアプリが常に最新であることには大きな意義があります。

また、ストアアプリはレジストリを使用しませんので、アンインストールを行なうとシステムがキレイに元に戻るところもうれしいですね。

インストール方法

UWP版Radeon 設定アプリをインストールするには、Microsoft Storeのアプリを使います。

⇒ Microsoft Store

検索のフィールドに「Radeon」と入力して検索を行なえば「Radeon Setting Lite」が見つかりますのでこれをインストールしましょう。

あとはデスクトップアプリ版のRadeon 設定と同じように活用できるはずです。

アプリ名に「Lite」がついていますので詳細な所まで見ていくと、UWP版のほうが機能的にはサブセットな形になっているのかもしれません。

実はIntel、NVIDIAの設定用アプリも

実はRadeon 設定がUWP化されたのは、メジャーなGPUを製造しているメーカの中では一番後になりました。

NVIDIAのGeForceシリーズ向け詳細設定アプリの「NVIDIA Control Panel」も、

インテルの統合GPU向け設定ツールの「インテル グラフィックス・コマンド・センター」も既にUWPアプリ化されており、Microsoft Storeからのインストールが可能になっています。

どちらも同じようにストアアプリならではのメリットを享受できますから、グラフィック機能の詳細設定にはこちらのバージョンを活用するのも良いでしょう。

スポンサードリンク

  • LINEで送る

このページの先頭へ