Windows 10でWindows Updateを手動実行する方法

Windwos10では、Windows Updateは必ず自動的に強制適用されるようになっていますが、再起動が必要な更新プログラムに関しては、再起動を行う時間が指定できる形にっています。

つまり、パソコンが起動した状態で放っておけば必ず更新プログラムは適用されますが、手動で確認を行ってWindows Updateをかけることもできるというわけです。

ここでは、Windows Update項目の有無の確認方法と手動での実行方法、再起動の時間設定方法を紹介します。

Windows Update項目の有無の確認方法

手動でのWindows Updateの確認は設定画面の「更新とセキュリティ」の「Windows Update」の項目から行います。
この画面で「更新プログラムのチェック」ボタンをクリックすることで、手動でのWindows Update項目の確認を実行できます。

WindowsUpdate01

WindowsUpdate02

Windows Updateの手動実行方法

手動でWindows Updateの有無の確認を行って適用可能な更新プログラムがあった場合、そのまま自動的に更新プログラムが適用されます。

WindowsUpdateXX1
WindowsUpdateXX2

また、更新プログラムを実際に適用するために再起動が必要なものだった場合には、再起動のタイミングを指定する画面になります。
ここで時間を指定して後から再起動を行うか、その場で即再起動を実行するかを選択できます。

WindowsUpdateXX3

スポンサードリンク

このページの先頭へ