Windows 10ユニバーサルアプリ版OneDriveアプリ リリース

米マイクロソフトは現地時間5月16日、Windows 10搭載パソコンでも動作する、ユニバーサルアプリ版(UWP版)OneDriveアプリをリリースしました。

このアプリはWindows ストアから無償でダウンロードして利用することが出来ます。もちろん日本語へのローカライズも完了しています。

160518_001

OneDrive

OneDrive

Windows 10 Mobileからの「逆輸入」版

パソコン向けのWindows 10ではエクスプローラにOneDriveの機能が統合されているため、通常の使用の範囲ではOneDriveのアプリ版やブラウザ版は必要ありません。このため今までは特にOneDriveアプリがインストールされてはいませんでした。

今回公開されたUWP版OneDriveアプリは、機能面ではWindows 10 Mobileに添付されているOneDriveアプリをPCに逆輸入したような格好になります。

160518_02

操作性はWindows 10 MobileのOneDriveアプリと全く同一です。

今までパソコン側では、OneDrive上のファイルやフォルダの共有設定の際にはブラウザからWeb版のOneDriveにアクセスする必要がありましたが、このアプリをインストールすることでブラウザを使って設定を行なう必要がなくなります。

160518_03

画面レイアウトは横幅に合わせて最適化

また、アプリのウィンドウの横幅に合わせてアダプティブにレイアウトが変わる機能もしっかりと実装されており、ウィンドウ幅を一番狭い状態にすると、Windows 10 Mobileで動作するOneDriveアプリとほとんど一緒の画面レイアウトになります。

160518_04

ファイルのドラッグ・アンド・ドロップでアップロード/ダウンロードが手動で行えたり、複数のMicrosoftアカウントを設定して両方ののOneDriveを利用可能な設定が行えるなど、エクスプローラに統合されている機能だけでは出来なかったこともこのアプリから行えるようになっています。

スポンサードリンク

このページの先頭へ