ネットバンキングのWindows 10対応状況。各銀行、基本「アップグレードは控えて」

7月29日、Windows 10がいよいよ正式リリースされました。

これを受ける形でリリース日前後、ネットバンキングサービスを行っている各銀行が自行のネットバンキングサービスのWindows 10対応状況を発表しています。

ざっと発表全体を眺めてみると、基本的にはどの銀行も「Window 10へのアップグレードは控えて」となっています。いくつかの銀行の例を取り上げて、もう少し具体的に発表の内容を見てみましょう。

あおぞら銀行

一番最初にプレスリリースを出したのはあおぞら銀行でした。やはり内容は、Windows 10へのアップグレードは控えるよう勧めるものです。

150730_01

同行でのWindows 10対応、動作確認作業の完了は9月になる見通して、それまではWindows 10へのアップグレードは行わないように、とのことです。さらには、既にWindows 10へのアップグレードの予約を行った利用者には、予約の取り消しを勧める内容のプレスリリースとなっています。

あおぞら銀行:「Windows 10」でのあおぞらインターネットバンキングのご利用はお控えください。

三菱東京UFJ銀行

150730_02

大手銀行の中では比較的ゆるめの表現となっているのが三菱東京UFJ銀行です。三菱東京UFJ銀行ではWindows 10へのアップグレードは禁止するような表現にはなっていません。

ただ、新標準ブラウザである Microsoft Edgeでの動作確認は完了していないため、ネットバンキングサービスでは、IE11の方を利用するよう勧告を行っています。

三菱東京UFJ銀行:[三菱東京UFJダイレクト]Windows 10 への対応について

住信SBI銀行

150730_03

Windows 10プレビュー版を利用して既にかなり詳細な検証を行っていて、詳しい情報を提供してくれているのが住信SBI銀行です。同行の提供する各種サービスにおいて、Microsoft Edgeでの非互換項目を詳細に提示してくれています。

ただし、結果的にはWindows 10ではIE11を利用してください、という書き方・勧めとなっています。一部機能がIE11でも動作しないため、やはりWindows 10へのアップグレードは控えるよう勧める形になっています。

住信SBI銀行:新OS「Windows 10」の動作確認状況について

その他の銀行

150730_04

ソニー銀行は正式版リリース以降に動作確認予定、ジャパンネット銀行はかなり曖昧な表記で「推奨環境ではないため、一部の機能が使えない可能性がある」と言う表記に留まっています。

ただ、冒頭に書きましたように、どの銀行もWindows 10でのネットバンキングサービスは動作の検証中、あるいは対応作業中のステータスになっています。特にMicrosoft Edgeに関しては当面サポートが見送られる銀行が多くなっています。

ネットバンキングサービスを多く利用される方は、とりあえずはWindows 10へのアップグレードはもう少し待った方が良いようです。また、実際にご利用の銀行のサービスの状況は、それぞれの銀行のホームページで確認されたほうが良いでしょう。

ソニー銀行:【重要】Windows 10のご利用に関するお知らせ
ジャパンネット銀行:「Windows 10」のご利用について

スポンサードリンク

このページの先頭へ