Microsoft、Windows 10プレビュー版向け「自動更新ブロック用ツール」を提供

7月29日に正式リリースされるWindows 10では、Windows Updateは基本的にすべて自動ダウンロードされ、自動的に更新が行われることになります。

ですが一部の更新プログラムでは周辺機器のドライバが対応しない、などのトラブルが発生する可能性もあるため、利用者からは不安や不満の声が上がっていました。

しかし、Windows 10プレビュー版向けには、以前より問題のある更新プログラムの自動インストールを回避するためのツールが提供されていた模様です。

7月27日(現地時間)、米記者の報道により「自動更新ブロック用ツール」の存在が明らかになりました。

自動更新ブロック用ツールの入手方法

このツールは現在、Microsoftのサポートページ経由で提供されおり、更新プログラム番号は「KB3073930」となっています。

該当 サポートページ:
https://support.microsoft.com/en-us/kb/3073930

ツールは上記アドレスの「Download the “Show or hide updates” troubleshooter package now.」より入手可能です。

使い方は簡単で、ダウンロードしたプログラムを実行するだけでOKです。

150728

Windows 10のWindows Updateで何らかの問題が生じた場合には、一旦、問題のある更新プログラムを削除した後、このツールを利用して該当する更新プログラムの適用をブロックすれば再度インストールされることはなくなります。

プレビュー版対象のツール、しかし・・・

このツールは今のところインサイダープレビュー版の最新ビルドのみが対象となっている模様です。

ただ、機能的には正式版でも継続的に求められる機能でもあるため、正式版にも同様のツール、または同様の機能がWindowsの組み込み機能としてリリースされる可能性があると思われます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ