ヤマダ電機、11/28にWindows 10 Mobile搭載スマホ「Every Phone」発売

FREETELが11月30日にWindows 10 Mobile搭載スマートフォンの発売すると発表した矢先、今度は、ヤマダ電機がそれよりも2日早く、11月28日にWindows 10 Mobile搭載スマートフォン「Every Phone」を発売すると発表しました。同日より、オンラインストア、店舗どちらでも購入可能です。

日本マイクロソフトの先日のイベントまでには、一切Windowsスマホへの関与を明らかにしていなかったヤマダ電機だけに、かなりの驚きを持って受け止められているようです。

そして、こちらが今のところ日本で最も早いWindows 10 Mobile搭載スマートフォンの発売となっています。

151127_01

スペック

ヤマダ電機は従来も携帯回線が利用可能なタブレット端末に自社ブランド製品を投入していましたが、それらは基本他社製のモデルの改良品でした。
ですが、今回の「Every Phone」に関しては、自社で独自開発したとしています。

151127_03

液晶は5.5インチの1280 x 720ドットのもの。

CPUはクアルコムのSnapdragon410で、クアッドコア、最大1.2GHz駆動。メモリは2GB、ストレージは32GBと、かなり余裕のあるスペックで、本格利用に耐えそうな容量を持っています。マイクロSDカードは64GBまで対応しています。

151127_02

大きさは、液晶サイズが大きいこともあって、154.8mm x 78.6mm x 6.9mmと大柄ですが、厚さがかなり薄いですね。
重量は液晶サイズの割に軽量な138.6gとなっています。

対応するLTEの電波のバンドは1/3/19でバッテリーは2600mAh。

リアカメラに1300万画素、フロントカメラに500万画素のものを採用するなど、スマートフォンの機能としてはかなり本格的なものを搭載しています。

YAMADA SIMのプレゼントなども

発売記念のキャンペーンも行なわれ、購入する人には同社の提供しているMVNO型の通信サービスの「YAMADA SIM」がプレゼントされます。
ただし、契約と月額利用料は別途必要になります。

また、先着3000名には、4600円相当のBluetooth接続のキーボードもプレゼントされます。

本体価格は、スペックが充実していることもあり、ちょっと高めの39,800円+消費税。分割払いでは、1,791円の24回払いです。

FREETELの先行する製品が、まず Windowsスマホに触ってもらうことを狙いにした戦略的な製品に見えるのに対し、ヤマダ電機のこのスマートフォンは、最初から本格的にWindowsスマホを使おうという人をターゲットにしているように見えます。

このあたり、各社の戦略の違いもなかなか面白いものがありそうです。

・ヤマダ電機「Every Phone」公式ページ

スポンサードリンク

このページの先頭へ