ついに登場日本語版Cortana!プレビュービルド10532提供開始

米マイクロソフトは現地時間28日、Windows 10インサイダープレビュー版のビルド番号10532の提供を開始しました。
このビルドには、ついに日本語版のCortanaが含まれるようになりました。

従来同様、インサイダープログラムに登録し、プレビュー版の配信ポリシーを高速に設定することで、このビルドはすぐに受け取って試してみることが出来ます。

Cortanaはまだまだ開発途上

日本マイクロソフトによると、Cortanaはまだまだ開発途上のもので出来ることには限りがあり、音声も本来予定されているものとは別のものとなっているようです。

今の時点で利用可能な機能のひとつはスケジュールの確認機能で、カレンダーアプリに予定が登録されていると、Cortanaが今日の予定などを教えてくれるというものです。

150828_01
(画像:週刊アスキー)

また、音声での「今日の予定は?」などといった質問にも答えてくれるようになっています。

リマインダー機能も現在、既に利用可能になっている機能です。
Cortanaに「リマインダーを作って」と話しかけて、いろいろな事柄を記録してもらうことが出来ます。

簡単な雑談も可能なのだとか。
最初の起動時には、本人曰く「ジョークも言えますよ」とのことですが、はたして。

150828_02
(画像:週刊アスキー)

右クリックで開くコンテキストメニューの表示の形式も修正

今回のビルドでは右クリックで開くことが出来る、いわゆるコンテキストメニューの表示スタイルにも手が入っており、Windows 10らしい、プレーンでシンプルな表示形式になります。

また、ビルド番号10525からChromeの64bit版が動作しない不具合が出ていますが、その件はこのビルドでもそのまま引き継ぐ形になっています。

Google側は問題を認識していて、修正作業が進められている模様です。

一部の端末では、Windows Helloの顔認証によるサインインが行えない問題も出ているようです。
こちらも今後の対応待ち、という形になります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ