日本マイクロソフト、Windows 10インストール用「メディア作成ツール」を提供開始

日本マイクロソフトは7月29日、Windows 10の「メディア作成ツール」の提供を開始しました。

メディア作成ツールには32bit版と64bit版の双方が用意されていて、Windows 7/8.1であれば同ツールにて、即Windows 10へのアップグレードを行うことが出来ます。

また、クリーンインストール用にUSBフラッシュメモリ、もしくはDVDメディアにインストール用ファイルを作成することも可能となっています。
(DVDメディアに作成する場合は一旦ISOファイルで作成しDVDメディアに書き込む必要があります)

150729_01

メディア作成ツールダウンロードページ:
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

ダウンロード後ツールを起動すると下記画面が表示されるので必要な操作を選択すればOK。

installmedia-usb-dvd_00

この後は言語選択やアーキテクチャ(32bit/64bit)などを行いセットアップウィザードを処理していけば完了です。

なお、この手動インストールについてはツールこそ提供している物のマイクロソフトでは推奨していません。PC側の互換性に関係なくアップグレードを行うため、上級者向けとしています。
マイクロソフトではWindowsを入手する(Get Windows 10 アプリ)からの予約やWindows Updateからアップグレードを推奨しているため、上記を行う際はあくまでも自己責任で行う必要があります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ