消せないファイル「Windows.old」フォルダを削除する方法、ディスクの空き容量を回収する

Windows 7や8.1からWinodws 10にアップグレードした場合や、Windows 10のメジャーアップデートなどの大規模アップデートを行なった場合、古いWindowsのファイルは、Windows.oldという名前のフォルダに格納されて保存されています。

そして、Windows 10で前のバージョンに戻す操作は、このフォルダの中身を用いて行なわれます。
(Windows 10へのアップグレード後1ヶ月で自動削除)

ですが、このファイル、中身は数十GBと、かなりのディスクを占拠していますので、もう新しいバージョンの方で問題なく使える、と言う場合には、ディスクを圧迫する邪魔者以外の何物でもありません。

そのため、ディスクの空きが少ない場合はスグに削除してしまうのも一つの方法です。

Cleanup01

ただし、Windows.oldフォルダの中にあるファイルには、通常のやり方では消せないファイルも含まれていますので、単純にごみ箱にドラッグアンドドロップしても、消すことは出来ません。

ここでは、このWindows.oldフォルダの中身を削除して、ディスクの空き容量を増やす方法を紹介します。

Windows.oldを削除する方法

上記のとおり、Windows.oldはごみ箱にドラッグアンドドロップしても、消すことは出来ませんので、「ディスク クリーンアップ」というツールを使い削除を行います。

まずは、スタートメニューの「全てのアプリ」の中の「Windows 管理ツール」の中から「ディスク クリーンアップ」ツールを起動します。

Cleanup02

「ディスク クリーンアップ」ツールを起動すると、どのドライブをクリーンアップするのか聞いてきますので、Windowsのインストールされている「Cドライブ」を選び「OK」をクリック。

Cleanup04

「ディスク クリーンアップ」ツールが削除できるファイル・フォルダを探しに行きます。

Cleanup05

次のウィンドウが出たら、「以前の Windows のインストール」をチェックし、「OK」をクリックします。
・「以前の Windows のインストール」が表示されない場合はツールを管理者で起動

Cleanup06

確認画面が出ますので「ファイルの削除」をクリック。

Cleanup07

処理が開始されると次のウィンドウが表示されます。

Cleanup08

処理の途中で最終確認のウィンドウが表示されますので、削除して問題なければ「はい」をクリックします。

Cleanup09

以上で操作は完了です。

Cleanup10

CドライブからWindows.oldがフォルダごとなくなりました。

「以前の Windows のインストール」が表示されない場合

Windows.oldを消すには、「以前の Windows のインストール」という項目が表示されて、それを選択しなければならないのですが、環境によっては通常の「ディスク クリーンアップ」ツールの起動では、この項目が表示されないケースがあるようです。

この項目が表示されない場合には、「ディスク クリーンアップ」ツールを管理者で起動し直し、上記の手順を実行してください。

Cleanup03

スポンサードリンク

このページの先頭へ