Windows 10の壁紙(背景画像)を設定する方法

Windows 10でも従来のWindowsと同様に壁紙(背景画像)を自由に設定することが出来ます。

画面の背景は作業を開始してアプリを開いてしまうとほとんど見えなくなってしまうものではありますが、好きな画像を貼って作業の合間に一息つくのに使ったり、作業に集中するために目立たない単色で塗りつぶしたりすることも出来ます。

また、気分転換のために、一定間隔で好きな画像を順番に表示していくことも出来ます。

ここではWindows 10の壁紙の設定方法を紹介します。

壁紙(背景画像)の設定方法

Windows 10で壁紙を設定するには、設定画面のなかの「パーソナル設定」の「背景」を使用します。
「パーソナル設定」開く方法には2つの方法がありますが、今回は、画面の背景部分の右クリックからスタートする方法を使ってみます。

ますは画面の背景の何もない部分を右クリックし、「個人設定(R)」を選択します。これでパーソナル設定が開きます。

ChangeWallpaper01

パーソナル設定画面の「背景」欄の「画像」と書かれた部分をクリックすると、壁紙を単色での塗りつぶしとするか、特定の画像にするか、いくつかの画像を順番に表示するスライドショーにするかを選ぶことが出来ます。

ChangeWallpaper04

壁紙に好きな画像を貼り付ける

壁紙に好きな画像を貼り付けるためには、まず背景のメニューで「画像」を選択しておきます。

ChangeWallpaper02

Windows 10に最初から搭載されている壁紙を選ぶ場合は、小さく表示されている画像をクリックするだけでOKです。

ChangeWallpaper14

Windows 10に標準で入っている以外の画像を使いう場合は、「画像を選んでください」の下にある「参照」をクリックし、ファイルやフォルダを選択するウィンドウから好きな画像を選択し「画像を選ぶ」をクリックします。

ChangeWallpaper16

背景画像が変更できました。

ChangeWallpaper17

もし画面の解像度と画像のサイズが一致していない場合には「調整方法を選ぶ」のボタンをクリックし、表示方法を調整することも出来ます。

背景を単一色で塗りつぶす

背景を一色で塗りつぶすには、背景のメニューで「単色」を選び好みの色のをクリックします。

ChangeWallpaper08

背景を単色で塗りつぶすことが出来ました。

ChangeWallpaper09

背景画像が自動的に切り換わるスライドショーを作る

好きな壁紙を1つのフォルダにまとめて、背景画像が自動で切り替わる「スライドショー」を作ることも出来ます。

「スライドショー」を作成するには、まず背景のメニューで「スライドショー」を選択します。

ChangeWallpaper10

次に、壁紙で表示したい画像の入ったフォルダを選びます。
「スライドショーのアルバムを選ぶ」の下にある「参照」のボタンをクリックし、画像の入ったフォルダを選びます。フォルダを選択すると、そのフォルダの中にある画像の一枚目が最初に壁紙に設定されます。

ChangeWallpaper11

これで設定完了です。「スライドショー」が作成できました。

ChangeWallpaper12

「スライドショー」の切り替え時間を調整したい場合は、「画像の切り換え間隔」から好きな時間を選びましょう。1分、10分、30分、1時間、6時間、1日から選択することが出来ます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ