Windows 10でアプリをアンインストールする方法

Windows 10ではアプリのアンインストールも設定画面から行うことが出来ます。
設定画面のアプリの管理画面はスマートフォンのアプリ管理画面に雰囲気が似ていて、インストールしたアプリが使用しているストレージの容量、インストール日なども確認することが可能になっています。

ここではWindows 10でアプリをアンインストールする方法を紹介します。

設定画面からアプリをアンインストールする

まずは設定画面から「システム」を選択し「アプリと機能」の画面を開きましょう。
この画面を開くと、現在インストールされている全てのアプリの一覧が表示されます。

UninstallApp01

アンインストールしたいアプリ名をクリックすると、アンインストールのボタンが表示され、これをクリックすることでアプリがアンインストールされます。

UninstallApp02

また、アプリ名またはその一部を指定してアプリを検索することが出来ます。

UninstallApp03

標準ではアプリが使用しているストレージの容量の大きな方からソートされていますが、ソート順を名前順、インストール日順に切り替えることも出来ます。

UninstallApp04

また、アプリをインストールしたドライブごとに、表示を絞り込むことも出来ます。

UninstallApp05

コントロールパネルからアプリを削除する

Windows 10でもコントロールパネルの全機能は残されていますので、アプリのアンインストールもコントロールパネルから行うことも可能です。

UninstallApp06

スポンサードリンク

このページの先頭へ