Windows 10起動時に任意のアプリを自動起動させる、スタートアップの登録方法

WindowsではOS本体の起動後に、任意のアプリを自動起動させることが出来ます。

このように自動起動させるアプリをWindowsに登録することを、スタートアップに登録、などと表現したりします。

この記事ではアプリを自動起動させる方法、スタートアップに登録する方法を説明します。

スタートアップフォルダにアプリのショートカットを登録

Windows起動時にアプリを自動で起動させるには、基本的にスタートアップフォルダに目的のアプリのショートカットをコピーするだけでOKです。

ただ、Windows 7などではそのフォルダへのアクセスが比較的簡単に行えるようになっていましたが、Windows 10では通常はそのフォルダは隠されていて見えない状態です。

スタートアップ登録用フォルダを開くには、「ファイル名を指定して実行」を使うのが一番簡単でしょう。

まずは、Windowsキー+X、または、スタートボタンを右クリックして表示されるメニューから「ファイル名を指定して実行」を選びます。Windowsキー+Rの入力で呼び出しても構いません。

startup_01

ファイル名を指定して実行の入力欄に『shell:startup』と入力して「OK」ボタンをクリックします。

startup_02

するとスタートアップ登録のためのフォルダを開いた形のエクスプローラーが直接起動します。

startup_03

実際のフォルダのありかはかなり深い階層の以下の場所になります。エクスプローラーで順番にたどってここを開いても大丈夫です。

『C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Windows¥Start Menu¥Programs¥Startup』

日本語版のWindows 10のエクスプローラーでの見た目は、Start Menuが「スタートメニュー」、Programsが「プログラム」、Startupが「スタートアップ」と、カタカナ表記になっているはずです。

アプリのショートカットをスタートアップフォルダにドラッグアンドドロップ

スタートアップのフォルダが開いたら、一番簡単なのはそこに目的のアプリをドラッグアンドドロップすることでしょう。

スタートメニューに登録されているアプリならば、スタートメニューからドラッグアンドドロップしても大丈夫です。自動でショートカットが作成されます。

ここではエクスプローラーをスタートアップに登録してみます。

「よく使うアプリ」に表示されているエクスプローラーのアイコンを、スタートアップのフォルダにドラッグアンドドロップします。

startup_04

すると、エクスプローラーのショートカットが作成されます。

これで登録完了です。

startup_05

Windowsを再起動すると、次回からは自動でエクスプローラーが起動するようになります。

startup_06

登録はユーザーごとのスタートアップフォルダにアプリのショートカットをコピーするだけですので、その他の方法でショートカットを作ってスタートアップフォルダに設置しても大丈夫です。

スポンサードリンク

このページの先頭へ