Windows 10をアップグレード前の元のOS(以前のバージョン)に戻す方法

Windows 10はアップグレード後1ヶ月以内であればアップグレード前の元のOS(以前のバージョン)に戻すことが出来ます。
※Windows 10 Anniversary Update(2016年8月2日より配信)導入後は10日間のみ

ここではWindows 10アップグレード後のダウングレード、元のOSに戻す方法を紹介します。今回はWindows 10をWindows 7に戻してみます。

Windows 10から元のOSに戻す

まずはスタートメニューから「設定」をクリックして設定画面を開きます。

downgrade-01

設定の中から「更新とセキュリティ」をクリック。

downgrade-02

左側にあるメニューの「回復」を選択し、Windows 7(元のOS)の箇所の「開始する」をクリックします。

downgrade-03

準備が始まり、

downgrade-04

理由を聞いてくるので任意の理由を選択し「次へ」をクリック。

downgrade-05

「次へ」をクリック。

downgrade-06

「次へ」をクリック。

downgrade-07

「Windows 7に戻す(元のOS)」をクリック。再起動後復元が始まります。

downgrade-08

復元しています、

downgrade-09

しばらく待って完了です。

downgrade-10

無事、Windows 7(元のOS)に戻すことが出来ました。

スポンサードリンク

このページの先頭へ