スタートメニュー、タスクバーをカスタマイズして便利に。ピン留め機能を使う

Windows 10では必要に応じて「ピン留め」機能を利用してタスクバーやスタートメニューによく使うアプリなどを追加することが出来ます。

スタートメニューはWindowsを利用していればいつでも呼び出せる機能ですから、使用頻度の高いアプリを登録しておけば、便利なアプリのランチャーとして利用することが出来ます。第三者が作ったアプリを利用するのとは異なり、他の機能との干渉を気にする必要もありません。

また、Windows 10ではエクスプローラの機能が拡張され、「クイックアクセス」というエリアが追加されています。ここには任意のフォルダの登録が行えます。

ここではWindows 10のピン留め機能の使い方を紹介します。

クイックアクセスにピン留めする

クイックアクセスの領域にフォルダを登録するには、登録したいフォルダを右クリックし、表示されるメニューの中から「クイックアクセスにピン留め」を選択します。

pin01

これだけでエクスプローラのクイックアクセスの領域に登録したフォルダが表示されるようになりす。

pin02

スタートメニュー(スタート画面)にピン留めする

スタートメニューにピン留めするためには、「クイックアクセス」と同じく目的のファイルを右クリックし、表示されるメニューの中の「スタート画面にピン留めする」を選択します。

pin03

すると、スタートメニュー(スタート画面)のタイルの表示されるエリアに指定したアプリのタイルが表示されるようになります。

pin04

ピン留めを解除するには、タイルを右クリックして表示されるメニューから「スタート画面からピン留めを外す」を選びます。

pin05

また、ピン留めしたアプリ本体を右クリックして表示されるメニューからも同じコマンドが選択できます。

pin06

タスクバーにピン留めする

タスクバーにピン留めする場合も、目的のアプリの本体のファイルを右クリックし、表示されるメニューの中の「タスクバーにピン留めする」を選択します。

pin07

これでタスクバーに指定したアプリの起動用のアイコンが表示されるようになります。

pin08

ピン留めを外すにはスタートメニューの場合と同じように、タスクバー上の対象のアイコンを右クリックして出るメニューから「タスクバーからピン留めを外す」を選んでもいいですし、

pin09

アプリ本体のファイルを右クリックして出るメニューから同じコマンドを選んでもOKです。

pin10

またピン留めは、スタートメニューの中に登録されている項目からも行うことが出来ます。

pin11

ドラッグアンドドロップでピン留めすることも可能

エクスプローラのクイックアクセスの領域とタスクバーにはファイルやフォルダをドラッグアンドドロップでも、ピン留を行うことが出来ます。

pin12

クイックアクセスにはフォルダのみがドロップ出来ます。
フォルダをドロップすると、エクスプローラのジャンプリストにドロップしたフォルダがピン留めされます。

pin13

アプリ本体をタスクバーにドロップすると、アプリ自体のタスクバーへのピン留め操作になります。

pin14

アプリ本体以外の文書などのファイルをドロップすると、ファイルが関連づけられているアプリのジャンプリストにピン留めされます。

pin15

スポンサードリンク

このページの先頭へ