非常に多機能になったタスクマネージャー

Windowsで今動いているアプリケーションや、各種サービスのプログラムなどの監視や管理を行うツールがタスクマネージャーです。

タスクバーの上で右クリックしてポップアップするコンテキストメニューから起動することが出来ます。また、キーボードショートカットでは、Alt+Ctrl+Delで表示されるメニューからも起動することが出来ます。

taskmanager

簡易表示

Windows 10のタスクマネージャーには簡易表示と詳細表示の二つのモードがあります。

簡易表示では、その時動いているアプリケーションのアイコンと名前だけが表示されるだけの、恐ろしくシンプルな表示となって従来のWindowsを使われてきた方はむしろびっくりするかもしれません。

taskmanager0

ただ、通常はこの画面だけでも十分な機能がある、とも言えます。

詳細表示

詳細表示に切り替えると簡易表示モードとはうって変わって、Windows 7やそれ以前のタスクマネージャーでは表示できなかったような、非常に詳細な情報までが表示可能になります。

taskmanager2

また表示する内容ごとにある程度タブでまとめられて情報が整理されています。

詳細表示のパフォーマンスのタブの画面からは、パソコンの稼働状況をより詳細に表示してくれるリソースモニタを開くことも出来ます。

resourcemoniter

大変多機能化したタスクマネージャーは、Windows 8からほぼ継承したものとなっています。

スポンサードリンク

このページの先頭へ