標準ブラウザが変更に、新ブラウザ「Microsoft Edge」登場!

Windows 10では遂に標準ブラウザの座から、IEことインターネットエクスプローラーが外れることになりました。今後は全くの新規開発となるブラウザの、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)が標準のブラウザになります。

edge1

とてもシンプルな外観

Edgeはとてもシンプルな外観をしています。余分な修飾を一切省いて、必要なものだけをぎゅっとコンパクトにまとめた感じの画面です。

右肩の星マークのボタンから、ブックマークを行ったり、新機能のリーディングリストへの登録を行ったりします。

edge2

リーディングリストでは、Web巡回中にちょっと気になった記事をメモしておき、あとから時間があるときにじっくり読み直す、といったことが出来ます。

お気に入り(ブックマーク)やリーディングリスト、履歴、ダウンロード結果などは、「ハブ」と名付けられている機能にまとめられています。

edge4

また、EdgeではあるWebのページにメモ書きをして、その内容を他のユーザと共有することが出来るようになっています。

edge7

IEは「レガシー」技術に

今後はIEに新技術が実装されていくことは基本なくなります。

一応、今後も当面はIEもWindows 10に搭載され、セキュリティアップデートなどのメンテナンスは行われていきますが、IEの今後の位置づけは、今あるIE独自技術を利用しているWebサイトのサポートのため、というのがメインになります。

Edgeのほうでは、ActiveXやSilverlightなどの技術は対応されない方針のため、こういったものを利用するサイトでは、IEを使い続けることになります。

EdgeはWeb標準技術のみをサポート

IEではマイクロソフト社が独自に拡張した技術をサポートしてきましたが、新ブラウザのEdgeではWebの世界標準の技術だけをサポートするようになります。このために、完全に新規で開発が行われました。

今後、Web界隈に登場してくる新技術などは、Edgeのみに実装されていくことになります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ