Windows 10高速化、GUIブートを無効にして起動時間を短縮する方法

Windows 10起動時にWindowsのロゴなどと一緒に、Windowsが何か処理中であることを示す、小さな複数の円がグルグルまわるアニメーションが出ます。

これを「GUIブート」と呼びますが、このGUIブートを省く(無効にする)ことで起動時間の短縮が図れるケースがあります。

この記事ではGUIブートを無効にするための手順を説明します。

GUIブートを無効にする

GUIブートを省くには、Windowsの起動時の各種処理などの設定などを行う「msconfig」というツールを使います。

メニューからたどって開くことも可能ですが、このプログラムを起動するには「ファイル名を指定して実行」を使うのが最も簡単な方法です。

Winodwsキー+Rキーを同時に入力すると、ファイル名を指定して実行のウィンドウが開きますので、入力欄に「msconfig」といれて「OK」ボタンをクリックします。

すると「システム構成」というウィンドウ名でmsconfigのウィンドウが開きますので「ブート」のタブをクリック。

ブートのタブを開くと「ブート オプション」の中に「GUIブートなし」のチェックボックスがあります。

こちらにチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。

再起動を要求されますので、パソコンが再起動して問題ない状態であれば「再起動」ボタンをクリックします。

この設定を行なったあとは、起動時に円がクルクルアニメーションする処理が省かれます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ