Windows 10でタスクバーにデスクトップのツールバーを表示する方法

Windowsではタスクバーにいくつかのパターンの「ツールバー」を表示させて、複数の機能へのアクセスを簡単にする機能があります。

この記事では、この機能の中でもコントロールパネルやユーザーライブラリフォルダへのアクセスのショートカットとなる、デスクトップのツールバー表示方法を説明します。

タスクバーにデスクトップのツールバーを表示する

タスクバーにツールバーを表示するためには、タスクバーを右クリックして表示される設定用メニューを利用します。

このメニューの一番上にある「ツールバー」にポインタを重ねて、ツールバーのサブメニューを表示させます。

このサブメニューからいくつかのツールバーを選択できますが、デスクトップのツールバーを使うにはこの中から「デスクトップ」を選択します。

するとタスクバーの通知領域の右側に「デスクトップ」の文字が表示されるようになります。

メニューにはいくつかのよく使う項目が

「デスクトップ」の文字の横にデスクトップのツールバーのメニューを表示させるための、「>>」のような形のアイコンの付いたボタンがあります。

こちらをクリックすると以下のようなメニューがポップアップします。

こちらからそのパソコンのドライブ、OneDriveのフォルダ、コントロールパネルなどに直接アクセスが出来るようになります。

たとえば「ライブラリ」であれば、以下のフォルダに直接アクセスできます。

デスクトップのツールバーは、Windows 10ではアクセスが面倒になりつつあるコントロールパネルへ簡単にたどり着ける方法の一つでもあります。

ちなみに、こちらの機能はWindows 10の新しいデザインにまだ統一されていません。従来のバージョンのWindowsから引き継がれてきた機能です。

今後のWindows 10のアップデートでデザインが統一されるか、あるいは別の機能への転換が図られる可能性もありそうです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ