Windows 10 Creators Updateでスタートメニューの右クリックから消えたコマンドプロンプトを復活させる方法

Windows 10の新しい大規模アップデートのCreators Updateでは多くの新機能や各種の改善が導入されましたが、そんな中の一つとしてスタートボタンを右クリックしたときのメニューに表示される内容が変化しています。

コマンドプロンプトが消え、代わりにPowerShellが表示されるようになりました。

PowerShellはコマンドプロンプトよりもずっと強力ですが、使えるコマンドがかなり異なるためコマンドプロンプトの方が使いやすいユーザーもまだまだ多いでしょう。

ここでは、設定の変更でスタートボタンの右クリックメニューにコマンドプロンプトを表示させる方法を説明します。

スタートボタンから消えたコマンドプロンプトを復活させる

スタートボタンの右クリックメニューにPowerShellを表示するか、コマンドプロンプトを表示するかは、設定アプリの通常の設定内容から切り替えることが出来ます。

設定アプリの「個人用設定」を使います。

個人用設定の画面の左に並ぶ機能リストから「タスクバー」をクリックします。

「タスクバー」のページの中央の列にある機能切り替えの一覧の中からそのものズバリ、「[スタート]ボタンを右クリックするかWindowsキー+Xキーを押したときに表示されるメニューで、コマンド プロンプトをWindows PowerShellに置き換える」の下のスイッチをオフにします。

この設定で、スタートボタン右クリックのメニューにコマンドプロンプトが復活します。

ただ、文字コマンドによるWindowsの使いこなしに関しては、PowerShellには非常に強力な機能が備わっていますので、この際にPowerShellの勉強をするのもありでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ