Paint 3Dプレビュー版遂に登場。Win10IPビルド14971配信開始

来年のCreators Updateに向けて、新機能が続々開放されつつあります。新しいWindows 10インサイダープレビュー版、ビルド14971が配信開始されました。

この中では全くの別物に変身するペイントアプリ、「Paint 3D」のプレビュー版が、遂に日本でも利用可能になっています。

Paint 3D Preview標準搭載

これまでは北米大陸の国など、ごく一部でしか利用できなかったPaint 3Dのプレビュー版が、Windows 10インサイダープレビュー版に標準で付属するようになりました。

161118_01

本当に全くの別物の仕上がりで、普通の2Dのお絵かき機能のツールパレットなどからして、完全に異なるインタフェースとなっています。非常にシンプルで洗練されたイメージになりました。

機能は豊富ではありませんが、ある程度拡張されています。

肝心の3D機能は既にかなりインタフェースも練られた状態で、非常に手軽に3Dのオブジェクトを扱えるようになっています。ただ、あくまで入門用の域は出ないようで、少なくとも現時点では高度な3Dのオブジェクトの制作は出来ません。

また、マイクロソフトと協業することになった3Dオブジェクトの配信サービスがまだ日本のMicrosoftアカウントに対応しておらず、現時点では配信されている3Dのオブジェクトを取ってくることが出来ません。

このあたりは徐々に開放されていくことでしょう。

3Dを扱っても分かりやすく軽快に動作していますので、正式リリースにも期待が持てそうです。

標準のコマンドラインアプリがPowerShellに

スタートボタンを右クリックしたり、Windowsキー+Xキーの同時押しで表示されるメニューの中のコマンドプロンプトに代わり、「Windows PowerShell」が表示されるようになりました。

161118_02

コマンドプロンプトよりもPowerShellのほうがずっと強力ですので、一般的にはこちらの方が便利性は高いと思われます。

ただ、コマンドプロンプトに戻すことも設定次第で可能となっています。

EdgeがEPUB形式ファイルに対応

Windows 10標準のブラウザのEdgeが、電子書籍ファイルの標準形式の一つであるEPUB形式ファイルに対応しました。

161118_03

アプリを追加しなくても、とりあえずEdgeが電子書籍リーダーになってくれます。

Office(ベータ版)を入手するアプリが一新

従来の「Officeを入手する」アプリはほぼ機能のないような、形だけのアプリとなっていましたが、ビルド14971版からは各種Officeソフトのポータル的な役割を果たすアプリに生まれ変わっています。

161118_04

まとめ

少しずつではありますが、Creators Updateに盛り込まれる新機能の姿が目に見える形になり始めました。

Paint 3Dなどは少し触ってみただけでも非常に楽しめるアプリで、正式実装がとても楽しみになります。

これら新機能はインサイダープレビュープログラムに参加することで、いち早く体験することが出来ます。

ですが、今のプレビュー版の特にFastリングに配信される更新内容はかなり不安定な物件も多くなっていますので、プレビュー版を入れる際は不具合が出ても困らないサブパソコンを利用するようにしましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ