Windows 10でのハードの構成変更時の認証失効問題改善か?

Windows 10ではリテール版のWindows 10 HomeエディションからProエディションにネットワーク経由でアップグレードしたパソコンなどで、ハードウェアの入れ替えを行なった際にOSの認証が外れてしまい、カスタマーサポート窓口経由でしかOSのアクティベートが行えない問題が発生するケースがあることが知られています。

この問題への対処を主な目的として、22日から提供が開始されたWindows 10プレビュー版のビルド番号14371の物件から、「Activation troubleshooter」という機能が追加されました。

Activation troubleshooter

この機能はAnniversary Updateでの正式版実装を見越したものですが、何らかの理由でWindows 10のライセンス認証が外れてしまい、今までであればOSの再アクティベートをユーザー側の対処だけでは行えなくなっていたようなケースを、ツールのサポートによって解決しようとするものです。

160625_02

OS等のライセンスがMSアカウントと紐付けに

また、ビルド14371の物件からは、OSなどの「デジタルライセンス」がMicrosoftアカウントと紐付けられるようになります。

Windows 10へのサインインをMicrosoftアカウントで行なっていてかつ、その状態でWindows 10をアクティベートした場合には、そのWindows 10のデジタルライセンスは該当するMicrosoftアカウントと紐付けられます。

それ以降、マザーボードやシステムドライブなどのパーツの交換を行なった際には、MicrosoftアカウントからActivation troubleshooterを経由してOSの再アクティベートが可能になるとされています。

特に自作パソコンを利用しているユーザーであれば、ある程度の確度でパーツを交換する可能性があると思いますので、自作機ユーザーにはより安心を提供してくれる機能になると思われます。

まだあやふやな部分も

Windows 7/8.1から無償アップグレードを利用してWindows 10にしたパソコンでは、パーツの交換を行なった場合には認証が外れる、というアナウンスが行なわれていて、この部分に関して今回の修正がどのように適用されるかはまだよく分かっていません。

160625_03
(マイクロソフトサポート:Windows 10 をライセンス認証できません

また、どのパーツの交換を行なうとOSの認証が外れてしまうのかも明示されておらず、曖昧な部分を残しています。アップグレードしたPCで該当しそうなパーツの交換を行なって認証が外れたり外れなかったりするケースが両方あり、この件にはまだかなりあやふやな部分が残っています。

そういったライセンス条項上の微妙な点も含め、問題がクリアになることを期待したいところです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ