Windows 10無償アップグレード期間は7/29まで。その後は119ドルから

現在Windows 7/8.1からWindows 10への無償アップグレードが提供されています。ですがこの無償でアップグレード可能な期間はWindows 10のリリースから1年限定、2016年7月29日までとなっています。

マイクロソフトの調査では、この無償アップグレード期間に限りがあることを知らないユーザーもかなりの割合存在することが分かったようです。

残りの期間は3ヶ月を切りました。みなさん準備の方は大丈夫ですか?

160507_01

7月29日以降のアップグレードは有償に

Windows 10の無償アップグレード期間は7月29日までですが、実は29日の何時に締め切られるのかは当のマイクロソフトもまだ具体的に決めていないようです。ですのでアップグレードを考えている人は、29日以前にアップグレードを済ませておく方が安全です。

またこの日以降は、現在Windows 7/8.1のタスクバーに表示されているWindows 10へのアップグレードを促すアイコンは無効化されます。Windows 7/8.1のまま使い続けたい人は、誤ってWindows 10にアップグレードしてしまう危険性はなくなります。

ただし、7月29日を過ぎると、Windows 10へのアップブレードは当然有償になります。

アップグレード価格はHomeエディションでは119ドル

現地時間5月5日に、米マイクロソフトは公式ブログで7月29日以降のアップグレード価格を発表しました。とりあえずはHomeエディションの価格だけが発表されています。

160507_02
画像:Microsoft公式ブログ

価格は119ドル。現在の為替レートだと日本円では1万3千円程度でしょうか。パッケージ版よりは割安なものの、それなりの金額が必要になります。

また、それ以上のエディションではこれ以上の価格になることは確実です。

無償アップグレード期間の残りは3ヶ月を切りました

Windows 10への無償アップグレード期間は残り3ヶ月を切っています。この日以降のアップグレードにはある程度の金額が必要です。複数台のパソコンを運用している人などでは、まとまった出費が必要になることもあると思います。

色々な理由でWindows 10に出来ないケースもあると思いますが、残り期間の少なくなってきた無償アップグレードを有効活用して欲しいと思います。

スポンサードリンク

このページの先頭へ