Windows上から必要に応じて課金。Microsoft SIM登場へ

Windows ストアにて先日ちょっと興味深いアプリが発見されました。名前は「Cellular Data」。Windows 10端末から、携帯ネットワークを利用可能にするアプリです。

スマホゲームやスマホアプリのアプリ内課金のように、Windows 10稼働中にこのアプリから携帯回線のキャリアやプランを自由に選択して、その場で課金を行なって通信を可能にする仕組みとなっているようです。

160112_01

使い方はApple SIMに近いもの

このCellular Dataを利用して携帯ネットワークに接続するには、タスクバーに表示されるWi-Fiのアイコンをクリック、表示されるメニューからCellular Dataを選択。Cellular Dataの設定の中から、利用したい通信プランを選択すればOK、と、非常に簡単に利用可能となる模様です。

無線LANの接続先アクセスポイントを選ぶように携帯ネットワークを選ぶイメージでしょうか。

利用方法はApple SIMで実現されている方法とよく似ていて、Microsoft SIM一枚があれば、接続先の携帯ネットワークの提供会社は、その時々利用したいところを自由に選択可能になる、ということです。

課金はMicrosoftアカウント経由

通信料金の支払いはSIMカードと紐付けられると思われる、Microsoftアカウント経由での支払いとなります。Apple SIMと少々事情が違うのは、課金のためのクレジットカード登録は不要になりそう、というところです。

支払いはプリペイド方式が使われて、通信のために選択できるプランも、一定期間または、通信データ容量が一定容量となるプリペイド方式のプランのみとなるようです。

MSからは正式発表まだなし

今のところMicrosoft SIMに関するMicrosoft自身からの発表はありません。ですが、フランスのMVNE業者のTransatelが、Microsoft SIMのサービス提供会社に選ばれたとの発表を行なっています。

Microsoftからの詳細アナウンスがないこともあって、サービスが行なわれる国や地域、肝心のMicrosoft SIMの入手方法、対応Windows端末などの情報はまだほとんどありません。

ただ仕組みとしては非常に便利に活用が出来そうです。

携帯回線経由でいつでもどこでもネットに接続可能なのは非常に便利な機能ですが、常時ネットワークにつながる必要がある人はわずかで、必要な時だけ出先で携帯回線が利用できれば十分な人の方がずっと多いでしょう。こういった使い方には、このMicrosoft SIMのやり方はとてもスマートな方法に思えます。

日本での展開がどうなるかはまだまったく五里霧中の状態ですが、期待して待つ価値がありそうです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ