Windows 10プレビュー版、ビルド10576配布開始。EdgeがDLNA対応

米マイクロソフトは現地時間10月29日より、Windows 10プレビュー版の最新バージョン、ビルド10576の配布を開始しました。
プレビュー版の入手ポリシーをFastに設定しているユーザは、既に受け取りが可能になっています。

このビルドは、新ブラウザEdgeの強化がメインとなっています。

151102_01
(画像:窓の杜)

Edgeにメディアキャスティング機能追加

ビルド10576では、Windows 10から搭載された新ブラウザのEdgeにメディアキャスティング機能が追加されました。
具体的には「ほかのデバイスに音声、動画、画像を送る」のメニューから、Edge自体をDLNAサーバ的に動作させる機能です。
DLNA系の機器での「Throw」機能が実装されたと考えて良さそうです。

現在、Edgeで開いてるWebページ、YuoTubeの動画などを、Miracast/DLNAクライアントに送信することが出来ます。

たとえば、手元のWindows 10パソコンで見ているYouTube動画を、大画面TVにも映して、家族みんなで楽しむ、といった用途も考えられます。

ただし、多くの有償のネット動画配信サービスでは、動画に著作権保護がかけられていますので、そういった動画の送信には対応しません。

151102_02
(画像:窓の杜)

PDFから「Cortanaに質問」が可能に

EdgeでPDFファイルを開いている時に、「Cortanaに質問」コマンドが利用できるようになりました。

PDFの中の何らかの単語を選択している状態で、右クリックメニューの「Cortanaに質問」のコマンドを選ぶと、横側に画面を分割するような形でキーワードの検索結果が表示されます。

また、Edge内蔵のPDFビュワー機能も強化されている模様です。

151102_03
(画像:窓の杜)

その他の新機能・強化項目

ほかには、ゲーム機のXboxシリーズでのストリーミングプレイなどを可能にするXboxアプリの強化、仮想マシン管理機能の性能向上、各国の言語対応の改善などが含まれています。

現時点でこのビルドの問題点として分かっているのは、新しいネットなどでの動画フォーマットである、WebM/VP9の対応が一時的に外されています。
こちらは今後のWeb標準ともなる技術の一つですので、これからの開発できちんと再収録の予定となっています。

スポンサードリンク

このページの先頭へ