Windows 10プレビュー版、新ビルド登場。Windows 7、8.1のキーで直接認証可能に

米マイクロソフトは現地時間12日、Windows 10インサイダープレビュー版の最新ビルドを公開しました。
今度のバージョンはビルド番号10565です。
アップデートのポリシーを高速にしているユーザには、既に配布が開始されています。

151014_01
(画像:マイナビニュース)

Skypeの統合

今回のビルドではかねてより予告されていたSkypeの通話機能の統合が実現されました。
メッセージングアプリの利用で、Skypeユーザとのテキストチャット、音声チャット、ビデオチャットが行えます。
またアプリを起動していなくても、「クイック返信」による応答が可能になります。

Edgeにタブのプレビュー機能追加

151014_02

他のタブブラウザにも搭載されている、タブの内容のプレビュー機能がEdgeに搭載されました。
これは現在中身を表示していないタブにマウスカーソルを重ねると、そのタブの画面のイメージを縮小画像で表示する機能です。
タブに表示されるページタイトルのみではページの中身が分からないときに便利な機能です。

また、お気に入りとリーディングリストの同期(共有)機能も追加され、使い勝手の向上が図られています。

Cortanaが手書き文字を認識可能に

151014_03

デジタルアシスタント機能のCortanaも機能が拡張され、手書き文字の認識に対応するようになりました。
ペン入力の文字から時間や場所などを識別してリマインダーに登録するといったことが可能になります。
ただ、こちらも日本語への対応は遅れているようです。

Windows 7、8、8.1のプロダクトキーでの認証が可能に

こちらも大きなアップデート内容で、もしかすると一番使い勝手には効くものかもしれません。

プレビュー版のアクティベートの際に、Windows 7、8、8.1のプロダクトキーを直接受け入れてくれるようになりました。
Windows 10をインストールする際に、一度、古いOSをインストールしたあとにWindows 10にアップグレードする手間が不要になりました。
Windows 10をクリーンインストールして、その後、Windows 7、8、8.1のプロダクトキーでアクティベートできます。

ただし、現在のところ、ビルド番号10565のOSインストールイメージファイルは公開されていませんので、現在この機能を活かせるシチュエーションは残念ながらありません。

その他の機能追加

ウィンドウのタイトルバーの設定色がフルカラー対応になったり、レジストリエディタのアイコンが新しくなったり、規定のプリンタの設定方法が改善されるなど、地道な使い勝手の向上も行われています。

スポンサードリンク

このページの先頭へ