Windows 10パッケージ版発売開始。媒体はUSBメモリ、Home版はDSP版より安価

Windows 10正式リリースから1ヶ月あまり、ここに来てついにWindows 10のパッケージ版が発売開始になりました。
9月4日、秋葉原などのパソコンパーツショップやAmazonなどのオンラインショップで取り扱いが始まっています。

150808_01

価格はHome版が13,800~14,900円程度、Pro版が25,800円~27,800円程度になっています。
Home版は多くのショップでDSP版よりも安価になっています。

1つのパッケージに32bit版と64bit版が同梱

Windows 10パッケージ版では、1つのパッケージに32bit版と64bit版が同梱されているのが特徴的です。
8月1日に発売されていたDSP版とは異なり、Windows 10だけを購入することが可能です。

Windows 10のDSP版は、Windows 7以前の状態に先祖返りした形で、何らかのパソコンのパーツと一緒の形でしか購入することが出来なくなっていました。

パッケージ版ではもちろんこのような制限はありません。

媒体はUSBメモリに

また、今回からインストーラーを納めている媒体はDVD-ROMなどの光学媒体からUSBメモリに変更となりました。
パッケージには「Windows、レドモンドより愛を込めて。」のメッセージも印刷されています。

ちなみに使われているUSBメモリはUSB3.0対応のものになっていて、USB3.0の高速性が活かせるかもしれません。

対抗して(?)DSP版のキャッシュバックキャンペーンも

150905_02

上記の通り、Windows 10 Home版では、パッケージ版にDSP版より安価なプライスタグがついています。
さらにパッケージ版ではパソコンパーツと一緒に購入する必要もないため、利用者がより使いやすい形になっています。

これに対抗してか、DSP版購入者のうち、先着1万名に2,000円の商品券がプレゼントされるキャンペーンも行われるようです。
対象は9月11日~10月12日の間にDSP版のWindows 10 HomeまたはPro版を購入した人です。

応募には製品購入時に配布されるシリアルコードが必要になります。
詳しくは下記のサイトをご覧ください。

http://www.windows-naviplus.jp/campaign/win10/cashback/

スポンサードリンク

このページの先頭へ