Win10更新で既定ブラウザが「Edge」に!Mozilla CEO、Microsoftに抗議

先日リリースされたばかりのWindows 10ですが、既存のWindowsパソコンをWindows 10にアップグレードすると、更新前の設定の如何に関わらず、アップグレード後は既定のブラウザがMicrosoft Edgeに変更されてしまいます。

150803_02

これに伴い、現地時間7月30日、MozillaのCEOである、Chris Beard氏はWindows 10の既定のブラウザに関する件で、同社のblog「The Mozilla Blog」を通して公開書簡という形でMicrosoftへの抗議を行いました。

Windows 10では、ブラウザ側から既定のブラウザを変更できない

Windows 10では規定のプログラムの設定方針が変更されており、今の所、各アプリケーションプログラム側からは設定を変更できません。

このため、Windows 10にアップグレード後、例えばfirefoxを最初に起動したときには、firefox側で既定のブラウザの設定に関する設定を行うウィンドウが表示されますが、そこでfirefoxを既定にする設定を行ってもそれはWindows 10の設定には反映されません。

次回以降も何らかのアプリからURLをクリックした際には、firefoxではなくEdgeが起動します。

一度は独占禁止法がらみで訴訟にも

ブラウザに関する独占禁止法違反の絡みで、Windowsには既定のブラウザを選択可能にする画面の搭載が課されたこともありました。

こういった過去の事例とも合わせ、Mozilla側には大きな不満があるようです。

規定のプログラムの設定の件はブラウザに限ったものではなく

Windows 10では規定のプログラムの設定は、設定画面の中にすべて一括して集約される形になっています。
このため、こちらの画面からの設定を一度理解してしまえば、アプリケーションプログラムごとに異なる操作を行う必要がなくなります。

150803_01

操作感の統一、ユーザビリティの向上という点では設定画面に集約された現在の形にもメリットがあるように思えます。
今後、Microsoftや周辺がどう反応してWindows 10が変わることになるかどうかは、注目しておいてもいいのかもしれません。

スポンサードリンク

このページの先頭へ