Windows 10正式版のビルド番号はリリース直前の最新プレビュー版と同等

Windows 10のプレビュー版はリリース直前にビルド番号10240のものが配布され、この物件がほぼ正式版になると言われていました。

7月29日に正式リリースされた物件をメディア作成ツールを利用してダウンロードして、アップグレードしたWindows 10正式版でビルド番号を確認してみたところ、正式リリース前のプレビュー版の最終段階のものと同じ10240となっていました。

150730_05

ビルド番号10240のあとにもアップグレードがあるとの話だったが

米マイクロソフトの公式ブログの見解では、ビルド番号10240の物件がそのまま7月29日リリースの正式版になるのではない、とも取れる発言が行われていました。ですが、実際にはビルド番号の点では10240のものがそのまま正式版となったようです。

このことから公式ブログでの発言は、7月29日リリースの物件のことを直接指していたわけではなく、今後、従来のWindowsであればサービスパック(ビルド番号が更新される)に相当するようなアップデートも、Windows 10では通常のWindows Updateを通じて随時配信されるということを示していたのかもしれません。

プレビュー版では謎のアップデータ(?)がダウンロード中?

インサイダープレビュー版の方では、7月29日から謎のアップデータがダウンロード開始されている模様で、マイクロソフトが公式ブログで触れている新ビルドのアップデータなのではないか、との憶測も飛んでいます。

もし新しいビルドの準備が既にできあがっているなら、順序としてはまずプレビュー版のアップデートが行われ、インサイダーによるテストで問題がなさそうだ、という確認が取れた後、正式版の方にそのビルドが展開されることになります。

インサイダープレビュー版を継続して利用されている方は、今後も継続してプレビュー版の方の動きに注目しておくと他の人より一足先に新しいアップデートの情報をつかめるかもしれません。

スポンサードリンク

このページの先頭へ