ヨドバシカメラ、指定PC購入でWindows 10アップグレード作業を無料代行

7月28日、ヨドバシカメラはヨドバシカメラの実店舗全店、同社のインターネットショップであるヨドバシ・ドットコムにて、同社指定のパソコンを購入した場合、希望者にはWindows 10へのアップグレード作業の代行サービス(無料)を行うことを発表しました。

このサービスは、7月29日から8月31日までの期間限定で行われます。

150730_07

巨大なアップデータのダウンロードなどの作業が不要に

Windows 10へのアップグレードは、Windows 7、Windows 8.1利用者であれば、希望すれば誰でもが無償でサービスを受けることが出来ます。

ですが、アップグレードのためには、3GBを超える巨大なアップグレードプログラムをダウンロードして、その後のアップグレード適用に、場合によっては数時間近い時間を要することもあり得ます。

ヨドバシカメラのアップグレード作業の代行サービスを利用すれば、こういった手間を省いてすぐにWindows 10を利用することが出来るようになります。

Windows 10プリインストールパソコンの発売が遅れる事情も

Windows 10からマイクロソフトが、Windowsの発売までのスケジュールや発売以降のアップデートのポリシーなど、何もかもを変えてきたため、Windows 10正式版のリリースのための最終形が固まってから7月29日の正式版リリースまでの日程が極めてタイトでした。

このため、世の中にはまだほとんどWindows 10プリインストールのパソコンが出荷されていません。この状況を回避するためのやむを得ないとも言える措置が今回のヨドバシカメラの対応かもしれません。

いくつかのメーカーの比較的新しいパソコンでは、発売当初からWindows 10へのアップグレードをうたっているものもあり、こういった製品であれば、購入後即Windows 10へのアップグレードも可能です。今回のヨドバシカメラのサービスは、このような製品に対して適用されます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ