Windows 10、アップグレード「予約成立」メールの配信始まる!

Windows 10のリリースまでいよいよ1週間を切りましたが、マイクロソフトからWindows 10のアップグレード予約を行った人に対して、予約完了を通知するメールが配信され始めました。なお、筆者の元には7月23日の昼にメールが届いています。

150723

実際のアップグレードのタイミングは?

メール本文によると、アップグレードのタイミングに関する記述は以下のようになっています。

「Windows 10 は 7 月 29 日にお客様のデバイスで使用可能になり、この日より、バックグラウンドでダウンロードされます。 」

ということで、やはり今まで各種情報が出ているとおり、厳密にいつからアップグレードが可能になるかは、今ひとつはっきりしない書き方となっており、アップデートプログラムのダウンロードが終了すると、アップグレードが実行可能になった旨の通知が届く、となっています。

また、アップグレードが可能になったあとも、即時アップグレードを実行するか、時間をおいてからの実行とするかのの選択が行える、と言う点も、既報の通りとなっています。

基本的なFAQへのリンクも記載

メールの中には、アップグレードに必要な時間に関するものなど、基本的なFAQへのリンクが張られる形になっています。

150723_01

また、Windows 7を利用している方からするとちょっと意外に思われるかもしれない、マイクロソフトアカウントでWindows 10にログインすること、Windows 10のアカウントとマイクロソフトアカウントを紐付けることのメリットなども簡単に記載されています。

具体例としては、マイクロソフトアカウントに紐付けたパソコン側のアカウントは、Windowsの各種の設定情報がOneDrive上にもコピーされ、紐付けを行ったパソコンすべてに同じ設定が適用されるようになります。パソコン側でどの設定を同期するかの選択を行うことも出来ます。

メールに記されている内容のほとんどは、既に情報サイトなどで公開済のものばかりとは言え、このメールが届くことで「いよいよ」感がより高まってきました。

スポンサードリンク

このページの先頭へ