マイクロソフト、東京を含む世界13都市にてWindows 10立ち上げイベント開催決定!

米マイクロソフトは現地時間の7月13日、Windows 10正式リリース日の7月29日に東京を含む世界13カ国の都市で立ち上げイベントを行うことを発表しました。

150714

インサイダープログラム参加者向けイベント開催

Windows 10開発に当たっては、一般ユーザがインサイダープログラムに参加する形で評価を行ってきましたが、このインサイダープログラムに参加した全世界の約500万人といっしょに7月29日当日、Windows 10正式版のリリースを祝うイベントが行われます。

イベントでは正式版のデモや、開発チームとの交流会などのプログラムが予定されています。

こちらのイベント開催地は、東京、シンガポール、ドバイ、ニューヨーク、シドニー、北京、ニューデリー、ナイロビ、ベルリン、ヨハネスブルク、マドリッド、ロンドン、サンパウロが予定されています。

家電量販店でのサポート体制整備

Windows 10発売日である7月29日に合わせ、日本では家電量販店大手の、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ビックカメラなどで新しいパソコンの購入者向けのサポートサービスが行われます。また、Windows 10体験コーナーも設けられる予定です。

同様の体制は世界の小売店でもしかれることになり、アメリカ、カナダ、プエルトリコのマイクロソフト直営店では、同日ワークショップなどが開催されます。

マララ基金などへの出資も

Windows 10のリリースを祝して、マイクロソフトでは世界中の人々の成長を支援するイニシアチブ「Upgrade Your World」を展開します。

この中でマララ基金を含む110のNPOに合計日本円で約12億円の出資を行い、技術的な面でのサポートの提供も予定しています。

9月には日本を含む複数の国で支援対象となる団体を選ぶイベントも開催されます。

大々的にCMも

アメリカでは7月20日から、その他の国では29日から、Windows 10のCMやデジタルメディアによる広告を大々的に展開する模様です。

スポンサードリンク

このページの先頭へ