Microsoft Edgeのお気に入り(ブックマーク)の使い方

Webサイトを情報収集の重要な情報源とされている方にとっては、ブラウザのお気に入り(ブックマーク)はパソコンを乗り換えたら一番に移行しないといけないぐらい重要なデータの一つになっているのではないでしょうか。

Windows 10から導入されたマイクロソフトの新ブラウザEdgeでは、お気に入りの使い方もIEとはちょっと変わっていますので分かりにくい箇所があるかもしれません。

ここではEdgeに他のブラウザからのお気に入りを引き継ぐためにインポートしたり、新たにお気に入りを追加する方法を紹介します。

お気に入り(ブックマーク)の取り込み方法、他のブラウザからのインポート方法

まずは、Edgeの「設定」を開きます。
右肩部分の点三つのボタンをクリックし、出てくるメニューの中の「設定」をクリック。

Edge2_01

するとこちらの画面に切り替わりますので、「別のブラウザからお気に入りをインポートする」をクリックします。

Edge2_02

次にこちらの画面に切り替わりますので、取り込みたいブラウザを選んで「インポート」ボタンをクリック。一瞬で完了します。
※現在、Edgeがお気に入りのインポートに対応しているのは、IEとChromeだけとなっています。Firefoxなどからの直接の取り込みには対応していません。

Edge2_03

右肩の、右から4つめのボタンをクリックし、お気に入りリストを確認してみると、

Edge2_030

IEのお気に入りがしっかりと取り込まています。

Edge2_05

お気に入りリストをサイドバーとして固定したい場合は、お気に入りリストの右肩にあるピンをクリックします。

Edge2_10

このような形で固定されます。
ただこの領域はお気に入りリスト専用ではなく、リーディングリストやダウンロード履歴などの表示に切り替えて使うエリアになります。

Edge2_11

このほかにChromeのように横長の「お気に入りバー」をブラウザの上側に表示することも出来ます。
お気に入りバーの表示のON/OFFは、設定の中の「お気に入りバーを表示する」の下のスイッチの切り替えで行います。
表示をONにすると下のような形で表示されます。

Edge2_09

Webサイトをお気に入りに追加する(ブックマークする)方法

あるページをお気に入りに追加するためには、アドレスの表示の後ろにある「☆」マークのボタンを使います。
ショートカットキーのCtrl+D(同時押し)でも同じ操作を行うことが出来ます。

Edge2_06

このボタンをクリックすると、お気に入りの登録名と追加する先を選択する画面が出てきますので、任意の名前とフォルダを指定しましょう。

Edge2_07

追加先には、お気に入りのリストの中にあるフォルダなどを選ぶことが出来ます。

Edge2_08

なお「お気に入り」を選べば、お気に入りリストの中のフォルダではなく、直接お気に入りのリストに表示されるようになります。

また「お気に入りバー」に表示されるブックマークは、お気に入りのリストの中に作られている「お気に入りバー」という名前のフォルダの中に入っているブックマークです。

とりあえずお気に入りに登録したあと、お気に入りリストの中身を編集してこのフォルダの中にブックマークを移動することで、お気に入りバーに表示する内容を編集することも出来ます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ