クラウドサービスとも同期可能。カレンダーアプリを使いこなす

Windows 10に標準搭載されているカレンダーアプリでは、各種クラウドのカレンダーサービスと同期して動作を行うことが出来ます。
スマートフォンのカレンダーアプリ的な使い勝手で、登録したイベントの開始時間前の通知なども行ってくれるようになっています。

ここでは、デスクトップパソコンでもイベント管理に便利に利用できるカレンダアプリの使い方を紹介します。

同期するクラウドサービスの設定

Windows 10のカレンダーアプリでは、いくつかの代表的なクラウドのサービスとの同期をサポートしています。

利用可能なクラウド側のサービスは以下の通りです。

  • Outlook.com
  • Google
  • iCloud
  • Exchange

下記ではOutlook.comとGoogleのアカウントの設定を行う方法を紹介します。

Outlook.comのカレンダーと同期する

まずはアカウントを追加しましょう。
アカウントを追加するには、左下のギアのアイコンのボタンをクリックします。

calendar01

すると右側から設定用のメニューが出てきます。
ここで「アカウント」をクリック。

calendar02

今度は設定画面がアカウント追加のものに変わります。
ここで「アカウントの追加」をクリックします。

calendar03

アカウントの種別を選択する画面が表示されますので、ここでOutlook.comをクリックします。

calendar04

次にOutlook.comで利用しているMicrosoftアカウントのメールアドレスとパスワードの入力を求められますので、手持ちのMicrosoftアカウントのものを入力します。

calendar05

ここまでの操作で、カレンダーアプリとOutlook.comのカレンダー機能の同期が可能になります。

もしWindows 10のサインインを既にMicrosoftアカウントで行う設定にしてある場合には、カレンダーには初期状態で既にサインインで使っているMicrosoftアカウントがセットアップされた状態になります。
そのMicrosoftアカウントに紐付いているOutlook.comのアカウントを利用するのであれば、この操作は不要です。

Googleカレンダーと同期する

Googleアカウントのカレンダーとの同期方法です。
同期を行うサービスの種類を選択するところまでは、Outlook.comのアカウントの設定を行う方法と同じ手順です。

サービス選択の画面では、Googleを選びます。

calendar20

すると最初にGoogleのアカウントで用いるメールアドレスの入力を求められます。
メールアドレスを入力して「次へ」をクリック。

calendar06

メールアドレスが正しければ、次にはそれに対するパスワードの入力を求められますので、パスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

calendar07

次に、Google側から、Windows 10がGoogleの機能を利用することを承認するかどうか確認する画面が表示されます。
これに同意します。

calendar08

ここまででGoogleのカレンダーとの同期を行う設定が完了します。

calendar10

イベント(予定)の登録

Windows 10のカレンダー側でイベントを登録すると、クラウド側のサービスにもそのイベントが反映されます。

時間指定なしで全日の予定を登録する場合には、目的の日をクリックしてポップアップするサブウィンドウに、必要事項を入力して「完了」をクリックします。

calendar11

時間指定を行う場合は、目的の日付をクリックしてポップアップするサブウィンドウの中の、「終日」のチェックを外し、時間帯を指定します。
このときに、イベントを登録するカレンダーの指定も可能です。

calendar12

より細かい内容を登録したい場合には、「詳細情報」をクリックすると、次の画面に切り替わって、様々な情報の登録が可能になります。

calendar13

登録したイベントは、登録の際に選択したクラウド側のカレンダーと同期が行われます。
Outlook.comのカレンダーに登録した場合、以下のような形になります。

calendar14
(Outlook.comのカレンダー)

calendar15
(Windows 10のカレンダーアプリ)

表示するクラウド側のカレンダー設定

カレンダーアプリの左側に、「Gmail」「Outlook」のタイトルとその下にいくつか名前とチェックボックスが並んでいますが、これがそれぞれのクラウドのサービスごとに存在しているカレンダーのリストです。

calendar21

このチェックボックスにチェックをつけたカレンダーの内容が、Windows 10のカレンダーアプリに表示されるようになっています。

OutlookとGoogleですと、どちらにも日本の祝日カレンダーが含まれていますので、どちらも表示を行うようにすると、祝祭日がダブって表示されたりします。

イベントの通知

カレンダーアプリに表示されるイベントは、基本的には必ず通知が行われます。
イベント時間が記入されている予定では、開始時間の15分前に通知が行われるのが規定値となっています。

通知は、画面右下に横からスライドインする形で以下のようなウィンドウがポップアップします。

calendar16

スポンサードリンク

このページの先頭へ